カタログでは分からない!? オシロ選定時の落とし穴 & 超優秀なオシロを発見!2024

 

 

オシロスコープを選ぶときに カタログやデータシートでは分からないこともたくさんあります。

 

これまで50機種以上のオシロスコープの操作をしてきた計測器検索.comが、オシロスコープを選ぶ時の落とし穴、注意すべきポイントをピックアップ!

今回は基本スペック「以外」のところで注意ポイントをあげてみました。

 

 

 目次

・オシロスコープ選び6つの落とし穴

  1.カクカク

  2.見辛い

  3.操作が独特

  4.データ保存

  5.修理、アクセサリのコスト

  6.サポートの不安

・計測器検索.com おススメオシロ

・実際の操作動画

・有名メーカーと比較すると?

・最適な計測器の選び方

 

 

 

 

 

オシロスコープ選定の6つの落とし穴

 

 

1.レスポンスが悪い、カクカクする、フリーズする

これは本当に論外です。

ストレス溜まりまくりです。

選んではいけません。

 

 

 

2.画質が悪い、画面が見づらい、画面が極端に小さい

オシロは波形が見えればいいのですが極端に小さいとやっぱり使い辛いです。

また、ディスプレイは大きくてもメニュー表示部分がずっと出てて波形が表示されるスペースが小さいと残念です。

 

 

 

 

 

3.操作が独特すぎる

メーカーによりボタンの配置やユーザーインターフェースが違うのは仕方がないですが、あまりにも独自性がありすぎるのはやはり不便です。

直感的に操作できないオシロはストレス溜まっちゃいます。

メニューの階層が深いのもやっかいです。

ハンディの製品は小型な分、シフトキーなどを組み合わせた操作になるのでどうしても使いづらくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

4.データ保存

スクリーンショット(画面コピー)はすぐにできる方がいいです。

スクリーンショットを取るために複数のボタンを押すのは面倒ですし、何より誤って違うボタンを押してしまうと設定をやり直さないといけません。

また、スクリーンショット(画像ファイル)が保存出来ても、オシロ画面で表示できない!なんて事もあるので確認しておきましょう。

最低でも画像、波形、設定、CSVなどは保存できるものを選びましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

5.修理費用、アクセサリが高い

がんばって高い製品を買うと修理の際も大変です。

1~3年の保証期間はついていますが、過入力や落下などユーザーに過失がある場合は保証期間内でもユーザー負担になってしまいますので 必ず先に確認しておきましょう。

最近の製品は定額修理料金が設定されているので事前におおよその周期金額は把握できます。

定額修理料金が設定されていなくても親切なメーカー、代理店であれば過去の修理実績金額なども教えてくれますので凡その価格は把握できます。

修理金額が定価の半分とかになってしまうと困りますよね。

またプローブが切れたり、別の種類のプローブが必要になった場合にも負担が大きいと大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

6.サポートが不安

ホビーならそこまで気にする必要はありませんが、仕事で使うオシロであれば「校正ができない」という製品は避けた方が良いでしょう。

業務内容により校正が必要のないタスクもあるかもしれませんが、校正ができないメーカーの製品は仕事で使うには心配です。

あとは使い方や測定結果に疑問がある場合などにもアドバイスをもらえるメーカー(代理店)は安心できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から選ぶならこのオシロスコープ!!

 

オシロスコープを探すにはカタログやデータシートだけでは分からない部分がたくさんありますが、過去何十年とオシロスコープのデモや操作を行ってきた計測器検索.comが超おススメしたいオシロスコープが登場しました。

 

その名もMicsig

上記であげた注意ポイントとは真逆の超おススメオシロスコープです。

操作動画

 

 

直感的な操作でレスポンスも良く、基本性能もばっちり、持ち運びも簡単。

まさに「ストレスフリー」のオシロスコープです。

 

最高2GSa/sのサンプリングに220Mptsのロングメモリ、波形更新速度も速く文句なしの性能です。

校正も正規代理店を通すことにより日本国内で対応が可能です。

 

 

 

世界No1の超一流オシロスコープメーカー テクトロニクスのMSO2と比較するとこんな感じ。

 

 

VS Tektronix 2series

*価格は2024年7月時点

*追加情報  Micsigは50Ω入力にも対応!!

 (100MHzモデルを除く)

 

 

また、これだけの性能を備えておきながら、上記のTOシリーズは1世代前のMicsig Gen4

今はさらに高性能の Micsig Gen5もあるので、性能にこだわるユーザーはそちらもありです。

 

 

 

でも個人的には先に紹介したGen4でも充分です。

 

 

 

 

またMicsigはプローブも豊富

オシロスコープ用の100MHz帯域の電流プローブが¥185,000-であったりします。

プローブ電源付属でこの価格。

 

 

 

テクトロニクスだと100MHzの電流プローブと専用のプローブ電源を合わせると軽く¥100万オーバー

 

有名ブランド名でのテストデータが必要な場合とそうでない場合の使い分けが重要ですね。

 

 

 

 

 

 

その他にも差動プローブ光アイソレーション型差動プローブロゴスキー電流プローブなども抜群の性能の製品を驚きのコスパでラインナップしています。

 

 

 

 

 

Micsig は 今後、日本で最も注目されるオシロスコープメーカーの1つになるでしょう。

 

 

 

 

用途、ニーズ、目的に合った最適な計測器を探すなら、

まずは計測器検索.com

 

他には無い超便利な計測器選定ツール 3分動画 (音声無しでも見れます)

 

今すぐ30秒検索!↓

オシロスコープを 周波数帯域やch数から機種選定

ファンクションジェネレータを周波数やch数から機種選定

直流電源を電圧や電流から機種選定

スペアナを周波数範囲や機能から機種選定

DMMを桁数または測定値と表示分解能から機種選定

 

 

モーターエンジニアにはモーター理論 【回転機の部屋】がおススメ!

 

 

 

 

 

 

 

著作者:freepik

著作者:redgreystock/出典:Freepik

著作者:redgreystock/出典:Freepik

変換ツール 計測器用語辞典 コラム・技術情報
お問い合わせ 会社概要 メーカー様向け このサイトについて パートナー募集 プライバシーポリシー 利用規約

当ウェブサイトでは、アクセス状況の測定・分析を目的に、クッキー(Cookie)を利用しています。クッキーの利用に同意いただくか、又はウェブサイトの閲覧を継続することで、クッキーの利用を承認いただいたものとさせていただきます。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。クッキー(Cookie)とは?

同意して閉じる